Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

都市対抗業務連絡2 写真とパレード日程

おまたせいたしました<待たせスギ!

決勝の写真アップしました。選ぶの大変でしたよもう(苦笑)
(40枚前後くらいが体裁の限界点なので・・・)
しかしまー、掲載しないまでも、我ながらよく撮ってるよな。などという
写真もありまして、おかしかったですwww

それから、狭山市優勝パレードが明日午後より行われます。
一ヶ月も経ってからやるのは少々間が抜けてると思いますが、
やらないより結構。

発表されているパレード予定は下記の通りです。
  14:00~14:25 新狭山駅スカイロード
  14:55~15:10 狭山市七夕通り
  15:20~15:50 狭山市役所


・・・明日は行けへんちゅーねん orz
スポンサーサイト

| 第80回都市対抗野球 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

都市対抗業務連絡

決勝の写真、大変お待たせしております。
ちょっとたて込んでおりまして、なかなか時間がとれませず。
申し訳ありません。

はあ、なんか毎日がアワワアワワです。<苦笑

| 第80回都市対抗野球 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Play Back 80回大会

えー、重ね重ね狭山市の皆さんおめでとうございました。

Hondaの長打攻勢は流石というか、手も足も出ませんでした。<主語はどこに?
反則的超ツープラトンには脱帽です。

しかしながら、今年は毎日のまとめにもありますように、木製変更からの平均打率が
最低値でしたとか。(Av2.2.9)
確かに、見ながら「へぼい内野フライ」とか「ハンパなハーフライナー」とかが多くて
しかも、どこのチームも似た傾向にあり、打線がつながらず歯がゆい思いをした方も
多かったことかと思われます。

どちらかといえば今年は(今年も?)投手の奮戦が目立った試合でしたね。
とはいえ、シイタケを獲得したのは上津原(広製戦)のみ。
継投策の妙味が光る大会だったとも言えましょう。
完全敗戦ペースにもかかわらず、抑えの投手がぴしっとよく締めたり。
勝ち逃げリレーがよく成功したり。
筑川や大谷といったエース級の働きに耳目が集まる中でも、東京ガスの新人たち
はよく頑張りました。
そして、日産の石田は本当に素晴らしかった。
(筑川が3勝で橋戸賞なら石田にも何かくれよ、という気持ちです。優秀選手には
選ばれたけど・・・)
補強ナシという厳しい条件ながらもベスト4に残れたのは打線の働きもあるけれど、
最終的には石田の力でした。

また今年は、久しぶりの出場になるチームが多く、中でもやはり東京ガスかなぁ。
応援席もグラウンドも本当に楽しませて頂きました。
もー、あのいかにも往年の「東京!」な応援がたまらなかったです。
細かい事はいろいろあるけれど、今年も涙アリ笑いアリ。
忘れることのできない大会となりました。
大会関係者のご尽力に感謝いたします。

あ、でも1つ言っていい?
決勝前、後ろに並んでたクセに喧嘩ごしで列に割り込んで、何人もの人を
突き飛ばして少人数で一気に最前列3段分を占拠していたHonda関係者
は酷いと思う。
(決勝は特別席でも過度の場所取りは禁止事項なんですけど)
いくら選手と仲良くたって、ああいう行為は逆に選手の評判を自ら下げる行為かと。
自分たちの行動は周囲からどう見られているか?というのを考えて頂きたいですね。
イイ年した大人なんだからさ。顰蹙を買うような行動はつつしみましょうよ。

| 第80回都市対抗野球 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第80回都市対抗野球 決勝

豊田市(トヨタ自動車) 2-4 狭山市(Honda) 18:00~

Honda
 003 000 001 4
 000 020 000 2
トヨタ自動車
トヨタ自動車:大谷、中根、佐伯、佐竹-二葉
Honda:筑川、坂本、須田-佐伯

勝ったらトヨタは初優勝。Hondaは和光市時代以来の13年ぶり。
ホンダ応援席 トヨタ応援席

先発はトヨタ大谷、Honda筑川の両看板。
始球式は元トヨタ自動車の古田敦也さんです。<出来すぎ
袖のクラウンが大変懐かしいです。
大谷 筑川 始球式は偶然にもトヨタOBから
クラウン

1、2回とも両投手が3者づつで抑えてきます。あまり点は入らない予感
のする出だし。
先に崩れたのは大谷でした。
3回表のHondaの攻撃。2死後、9番の小手川に四球。
トップ落合(JFE東日本)の打球はギューンという勢いの中前ヒット。
小手川のフォームは独特ですよね 続いて落合のヒット

2番川戸は3塁線に沿った先制タイムリー。続いて3番長野にも中前に
強い当たりの2点タイムリーで計3点を先取。
川戸にタイムリー 長野の一本! 落合が還って
川戸も生還
 
筑川の攻略に苦しむトヨタですが、右前のヒットで塁に出た5番田中を置いて
8番佐野に右スタンドへの一発。1点差に。
田中が塁に出て 佐野の一点差の一発!

しかし波に乗る筑川。この後、6回まで投げきり、7回表からはコーチ兼任の
坂本がマウンドに。7回は3人を討って取ります。
坂本登板

8回表には西郷に、すわ通算HRタイ記録か?と思われる大きな左フライも
でまして、結果としてはフライですが応援席大盛り上がりまくりです。
この体勢であそこまで持ってくんだし・・・

裏には坂本が佐野四球、藤原の代打坂田に死球、と続けて、須田(JFE東日本)
にマウンドを託します。
二葉がバスター失敗後の犠打でトヨタもチャンスを作りますが、続く1番荒波は2ゴロ。
2番乗田の代打福田を三振に斬られ、場面をモノにできません。
二葉の犠打 荒波2ゴロ・・・ 福田三振・・・

9回表には先頭の5番多幡がダメを圧さんとばかりの左スタンドへのHR!
多幡HR! ダメ押しですね

9回裏の後が無いトヨタ。3番荻野に左中間ヒット。4番青山(JR東海)の代打廣瀬
は三振。8回表から守備に入っていた高阪がショート横を抜くヒット。
高坂も粘りますが.

と走者をためますが、的場三振、佐野は中フライに討ち取られ、試合終了!
Honda優勝。狭山市としては初優勝となりました!
試合終了! マウンドにピントがあわない・・・
遅れて筑川様合流 まっ西郷さんたら
勝俊の挨拶一声 おめでとうございます~
大島目立つ目立つ 山田さんが坂本ナデナデ
くす玉

トヨタも最後までどうなるかわからない展開で粘りを見せました。
毎試合の熱戦をありがとう!

黒獅子旗! また来年!
飲むなよ<笑

三賞です。橋戸賞プレゼンターは隠し球。元大昭和製紙の安田猛さんです。
橋戸賞:筑川利希也(Honda)
久慈賞:佐野比呂人(トヨタ自動車)
小野賞:東京ガス(東京都)
橋戸賞は筑川様 久慈賞は佐野 小野賞は東京ガス

個人賞です。
首位打者賞:長野久義(Honda) AV.5.7.9
打撃賞:松田孝仁(東京ガス)
若獅子賞:須田幸太(Honda(JFE東日本))、榎田大樹(東京ガス)
       村尾賢吾(日立製作所)
首位打者は長野 打撃賞は松田 若獅子賞は本年3人選出.

応援団コンクール
グランプリ:東京ガス(東京都)
優秀賞:NTT東日本(東京都)
敢闘賞:日立製作所(日立市)
特別賞:Honda(狭山市)
コンクールはTG応援部 あ(笑)
優秀賞はNTT東日本. 敢闘賞に日立 特別賞はホンダ

≫ 続きを読む

| 第80回都市対抗野球 | 23:55 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

準決勝

朝から台風の豪雨の中、東京ドーム3塁側応援席受付にまっすぐ向かいます。
平日午後と台風のWパンチで動員の奮わないトヨタ。
日産は外野まで、は行かないまでもB教大付属小のブロックまでは埋めました。
屋根の向こうは大雨 部旗と團旗と

豊田市(トヨタ自動車) 1-0 横須賀市(日産自動車) 14:00~
始球式は元電電北海道の若松勉さんです。
先発はトヨタは中澤。日産は4連投石田<泣

ヒットを打たれつつも要所を締め点を許さぬ投球を続ける石田ですが・・・
7回表、一瞬の間隙をつくように初球が右スタンドへ吸い込まれるような、
トヨタ9番二葉のソロHR。

いや、まだ1点。とスタンドも気を取り直し、そう思いつつも、トヨタの中澤→佐竹の
継投を打ちあぐねる日産打線。
(今日の中澤は6回まで被安打1ですから、なんとも・・・)

結局この1点が大きくのしかかり、日産は最後の夏を閉じました。
コマがいなくて、予選から石田に頼りきりで、それでも頑張って投げ通してくれた
石田と、最後まで守備でも攻撃でも食らいつく姿勢を見せてくれた日産の選手に、
そして、現役応援リーダー部と、後輩を一生懸命助けてスタンドを盛り上げてくれた
応援リーダー部OB・OGに、感謝の気持ちを捧げます。

でもまだ秋の大阪ドームがあるさ!

今年で見納め・・・

ちょっと相手が日産だったので、記事がどうしても偏りますが、
日本選手権2連覇の下馬評の高さは流石でした。
というわけで、初の決勝進出となりますトヨタ。おめでとうございます。


虚脱感漂って外でお茶した後、第2試合はネット裏1塁側よりに移って
マターリ観戦。
東京都(NTT東日本) 2-3X 狭山市(Honda) 18:00~
おお、N東は高橋がスタメン復帰している。やれ嬉しや。
Hondaの方も、続けて岡野スタメンです。
始球式は元日本石油、平松政次さんです。胸の「CALTEX」ロゴが泣ける。
先発はN東木城。Hondaは大田・・・両方ともそうくるか<爆

先取点を入れたのは2回裏のHondaでした。
4番西郷が倒れた後、多幡の平凡な3ゴロ・・・のハズがアンツーカーで
イレギュラーバウンドで2塁に進むヒットに。
田浦の右フェンスオーバーの2塁打。岡野の左前ヒットの本塁返球はタイミングは
アウトのハズが捕手上田が慌てたか、捕球できずに走者生還。

N東は6回表に2番高橋四球、3番荒川(明治安田生命)が1、2塁間を抜く
ゴロのヒット。
ここでHondaの投手は大田から筑川へ。逃げ切りをはかります。が、
清田を三振に取った後、高尾に右へのヒット。平野の同点犠飛。
さらに菅谷の代打竹内(JR東日本)の当たりは3塁への内野安打となり、追加点。
逆転します。(実際には、「ちょ、これどこのふそう?」みたいな展開)

だがしかし、恐るべしはHonda。
7回裏、1死後、田浦は左へ、岡野は右へと続けてヒット。1、3塁。
ここで佐伯が初球スクイズ~!!!
N東はここで木城から片山(JR東日本)に交替。
小手川の打球をショート向後のエラーする間に1点。さらにレフト北道の返球が
大きく反れて、走者を進塁させてしまうなど。N東にも「らしくない」プレーが飛び出し
試合を大きく決定づけます。

3年ぶりの出場で黄獅子旗となったNTT東日本。惜しかったけれど、構造改革も
道半ばといったチームですし。また来年ドームでお会いしましょう。
そしてHondaの皆さん、67回大会以来の決勝進出となりました。
おめでとうございます。

≫ 続きを読む

| 第80回都市対抗野球 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。