Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第62回式年遷宮記念 『伊勢神宮と神々の美術』

蓮が見ごろですが、午後から出てきたのでつぼんでおります。
大体池の真ん中の方が花が多く、縁の方には少ないので、撮れるのは
こんなものです。
(1レフに長玉つければ良いのですが、主目的が違うのでそこまでやる気ない)
夏に独特の清涼感があって素敵な光景です。
蓮01 蓮02

さて、展示ですが、事前の告知が地味なので人がいません。
ゆっくり見られます。
1・2室では別展示の「染付展」が開催されており、こちらは後日改めて。
伊勢の展示は3・4室にて。
置いてある文物は密かに面白いものが多いのですが、いかんせん
展示手法のやる気のなさが目立ちます。
もうちょっと、見せるための工夫というか、考えてくださいよと言いたくなるような。
(日光月光と阿修羅で頭使い果たしたかの様)
せめて内宮外宮のミニチュアをつくってみるとか、馬具1揃いあるんだから、
ドンと置いてあるだけじゃなくて馬の剥製にでも装着してみましょうよ。とか。
もう一息も二息も足りないんだわ。

朝廷の儀祭から民衆のおかげ参りに至るまで、伊勢信仰のもう少し突っ込んだ
部分が見たかった。
斎宮にも申し訳程度しか触れていないし。
つーか、なんで伊勢の展示で熊野や宇佐の神像を見せられなければいけないのか
がわからん。

まあ戦前調進の玉纏御太刀と須賀利御太刀見れただけでも良しとするかな・・・
昭和の織物の技術が素晴らしいです。
今はもう良い糸をはく蚕が育たなくて職人さんは大変らしいですけど、
なんとか技術を残していって頂きたいですね。

昼顔があちこちで絡んでいます。
昼顔

| 美術・博物館・名所旧跡 | 19:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは
情報をありがとうございます。
気になっていた展示会でしたので、
参考になりました。

| 骨董品 骨董市ネットギャラリー | 2009/08/02 00:13 | URL | ≫ EDIT

骨董品骨董市ネットギャラリー様
拙文にコメントを頂き有難うございます。
不満を述べ立てているような書き方になってしまいましたが、
前段に述べましたように個々の文物では良いものも多く、
展示品そのものは興味深いものとなっております。
却ってご鑑賞の妨げなようで恐縮しきりです。

| 耀 | 2009/08/02 00:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/1636-25d5419c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。