Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Play Back 80回大会

えー、重ね重ね狭山市の皆さんおめでとうございました。

Hondaの長打攻勢は流石というか、手も足も出ませんでした。<主語はどこに?
反則的超ツープラトンには脱帽です。

しかしながら、今年は毎日のまとめにもありますように、木製変更からの平均打率が
最低値でしたとか。(Av2.2.9)
確かに、見ながら「へぼい内野フライ」とか「ハンパなハーフライナー」とかが多くて
しかも、どこのチームも似た傾向にあり、打線がつながらず歯がゆい思いをした方も
多かったことかと思われます。

どちらかといえば今年は(今年も?)投手の奮戦が目立った試合でしたね。
とはいえ、シイタケを獲得したのは上津原(広製戦)のみ。
継投策の妙味が光る大会だったとも言えましょう。
完全敗戦ペースにもかかわらず、抑えの投手がぴしっとよく締めたり。
勝ち逃げリレーがよく成功したり。
筑川や大谷といったエース級の働きに耳目が集まる中でも、東京ガスの新人たち
はよく頑張りました。
そして、日産の石田は本当に素晴らしかった。
(筑川が3勝で橋戸賞なら石田にも何かくれよ、という気持ちです。優秀選手には
選ばれたけど・・・)
補強ナシという厳しい条件ながらもベスト4に残れたのは打線の働きもあるけれど、
最終的には石田の力でした。

また今年は、久しぶりの出場になるチームが多く、中でもやはり東京ガスかなぁ。
応援席もグラウンドも本当に楽しませて頂きました。
もー、あのいかにも往年の「東京!」な応援がたまらなかったです。
細かい事はいろいろあるけれど、今年も涙アリ笑いアリ。
忘れることのできない大会となりました。
大会関係者のご尽力に感謝いたします。

あ、でも1つ言っていい?
決勝前、後ろに並んでたクセに喧嘩ごしで列に割り込んで、何人もの人を
突き飛ばして少人数で一気に最前列3段分を占拠していたHonda関係者
は酷いと思う。
(決勝は特別席でも過度の場所取りは禁止事項なんですけど)
いくら選手と仲良くたって、ああいう行為は逆に選手の評判を自ら下げる行為かと。
自分たちの行動は周囲からどう見られているか?というのを考えて頂きたいですね。
イイ年した大人なんだからさ。顰蹙を買うような行動はつつしみましょうよ。

| 第80回都市対抗野球 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/1669-df97fcbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。