Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蒼穹の空の下

明治神宮、秋の大祭は今年も晴天。
行きかう七五三のお子さん参詣や挙式の列が行き来する吉日。
少し早めに着いてしまったので舞台の設営など見学。
仕事師さん方が手際よく唐草牡丹地の地布を青竹で固定していきます。
設営中01 設営中02

左方の席は結構日差しが強くて、ずっと上着を頭から被っていました。
こういう席じゃなかったら、ホントにただの不審者ですよ(笑)
左方振鉾 右方振鉾
萬歳楽 狛桙

参道にて開催の菊花展は厚物や管の大菊や小菊の懸崖などが中心ですが
中にひっそり嵯峨菊の出品がありました。
嵯峨天皇ゆかりとして、かつては嵯峨御所内でしか栽培されていなかった古典菊
ですが、それも今は昔の話。
今では一般の愛好家も楽しめるようになりました。
京都府の花にも指定されています。
嵯峨菊

百々手式や流鏑馬も見たいけど、今年は千葉市長杯と被るので、
ちょっとムリかも。

| 日記 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/1720-4d523f21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。