Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『柴田是真の漆×絵』

三井記念美術館にて。
昨年の早いうちにHPでこの展示の開催情報が掲載され、ずっと楽しみにしていた
ものの、諸事情から前期展示には行けず、今日、後期展示にようやく足を運ぶこと
ができました。
少し以前にTV東京「美の巨人たち」でも取り上げられていたためか、少々来館者
は多目ながら、混雑というほどでもなく。
柴田是真 図録

是真は明治宮殿の天井を彩った綴れの下図を描いたことでも知られ、その植物画
は端正かつ大胆な構図で素晴らしいものではありますが、
(正直、動物はあまり得意ではないと思う)
また一方で彼の本業はあくまでも「漆工職人」というスタンスでありました。
その精緻を凝らした種々の技法はまことに繊細で見る者にため息をつかせずには
いられぬものばかり。

今回の展示の構成をなすさまざまな作品の多くはアメリカに住まいする収集家、
エドソン夫妻のコレクションによるもので、あの乾燥した土地柄にこれだけの
漆の作品を傷ひとつない姿で保管していてくださったその情熱には頭が下がる
思いです。それ以前にこれだけの品を流出させた日本人もなんだか・・・

青貝の細かな煌き。青海波塗りの櫛歯からもれる磯打つ波の音。
箱に羽ばたく烏鷺の群れ。
細密な描写を施されたさながら小宇宙のような印籠の数々。

かと思えば、一見古錆びた錫の器のようにしか見えぬ皿は紙皿に色漆を塗りあげた
ものであったり、また見れば古瀬戸に見える茶入れは竹に漆を重ねたものであり。
という茶目っ気あふれるトリック・アートの色々。

そのいきいきとしたいずれもが頑固な一人の江戸の職人の手になるものであります。
幕末から明治。従来の固定概念に捉われず。また旧来伝わる技法を大事に守って
作られた作品の数々。
意気地と腕を存分に奮った見事な展示となっています。

| 美術・博物館・名所旧跡 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/1802-d4af2b77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。