Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旅の弥次喜多

・行きのNRT-VIE便。何故か私の席にはモニターのイヤホンが無かったので、
 CAさんに
 「Please give an earpad.」
 と言ったら、イヤホンと耳栓と両方くれました。
 耳栓GET!<セコいのう。いや、でも買うと500円くらいするよね。

・今回はツアーですが、中に女性で一人参加の方がいらして、その方はドイツ大好き
 でヨーロッパは何度もフリーで来ているという方だったんですが、
 「さすがにボスニアとモンテネグロは不安だから・・・」
 同感です。

・今回のオレンジ組参加者は皆旅慣れた方が多く、所謂ツアーにありがちな
 「身勝手な困ったちゃん」は一人もいなくて、ラッキー♪
 (噂によれば青組はスゴかったらしい・・・)

・教会、聖堂は開放されていると言っても現役の宗教施設ですので、お祈りしている
 信者の方を無視して無遠慮に撮影するのはマナー違反です。ほどほどに。

・なんだろう。基本的にこちらの国では日本人は割りと優遇されてる気がします。
 いや、ツアーだからとかそんなんじゃなくて。もっと根本的な所で。
 なんというか、人が皆優しい。

・だからこそ、スポンザ宮殿の内戦資料の展示室とかボスニアの廃墟とか
 見ると浮かれていられなくなる。

・トイレはどこに行っても(私の見た範囲では)とても綺麗。
 無料の公衆トイレが充実しているので、わざわざチップを払う事はあまり
 ないと思います。(一応チップトイレの相場は♀で2~2.5knくらい)

・チップつながりで。
 スロベニアでの枕チップは1€。クロアチアでは5knが相場です。
 (ただ2ツ星程度だとツイン部屋で二人で5knでも)
 カフェなどでは一応「いらない」という事になっていますが、やはり端数くらい
 は切り上げた方がいいです。

・電源のカタチはC型でOKです。

・どこで食べたお菓子も(ケーキやプリンや色々)皆、「本当にヨーロッパ?」
 てなくらいに甘さ控えめ。
 日本人の舌で違和感を感じないほどの甘さです。丁度良いです。

・フレッシュジュースは朝食のオレンジ、トマトくらいかなー。
 昼食や夕食の飲み物は各自清算で、水が500mlで12~15kn、
 瓶入りの果実ジュースが15knくらいかな?
 アルコールは眼中に無いのでわからん。
 ジュースは場所にもよりますが、オレンジ、ストロベリー、クランベリー、
 ブルーベリー、カシス(ヨハネスブルク)、チェリー(マラスカ)、ピーチ
 などなど種類豊富。
 
・クロアチアでは学校の第2外国語が英語。ということで、観光地と
 いうこともあってか、大体の場所は英語で交渉できます。
 かえって、現地語だと北部と南部で微妙に違ったりして、往生したことが。
 例)「いくらですか」
 北(ザグレブ)→ “Koliko košta?” クゥリコ クゥシュタ?
 南(スプリット)→ “Koliko stji?” クゥリコ シュタイ?

 ・・・ヘタすると全て日本語で何とかなる店もあったよ orz

・そんな調子なので、治安は「引ったくり」とかあまり神経質にならなくても良い
 レベルでしょうか。少なくとも昼間の道を歩いている分には日本並み。

・ビロウなハナシですが、ツアー飯の付け合せには「これでもか」というくらい
 にイモがついてくるので、バイキング式の食事の際には出来るだけ生野菜と
 果物、ヨーグルトなどの摂取を心がけました。

・しかし、私はゲテ系と自分のアレルゲンになるもの以外、大概の食事は対応
 できるので、10日間機内ミール含めてほぼ完食。しまいにはオレンジ組参加
 の御夫人方から
 「しつけの良いお嬢さん」
 扱いされてどうしたものかと。テーブルマナーは基本です。

・だって、 「バナナの正しい頂き方」 って、何年ぶりかしらと。

・シベニクのホテル売店のショーケースの中に Canon IXY を見ることになるとは・・・

・ドブロヴニクは流石にいろんな国から観光客が来るためか、€ の使える店多し。
 かえって首都のザグレブの方が融通が利かんかった。
 クロアタでknしか使えなかったですもん。結局ここではカード使ったんですが、
 でもカードだと支払いは €建て?って聞かれる。納得いかん・・・

・ちなみにお小遣いは約230€(日本円で3万円くらい)持って行って、うち150€を
 knに両替(約980kn)しました。2万円にちょっと欠けるくらいですね。
 後、+日本円で1万円。
 それくらいあればよほどの無駄使いをしない限り充分かと。

・おいボスニア国境。スタンプくれー!

・どこの山道を走っていても道路際の地肌にはエニシダが一面に咲いていて
 真っ黄色で綺麗で。
 エニシダはplanta genestaといって、イギリスのプランタジネット家の
 由来でもありますね。

・チョコレートの箱は街のスーパーで買う方が断然おトク。免税店並に安い。

・添乗員さん曰く、日本の乗客はいつも預け入れ荷物が重いので各国の空港の
 労働組合から嫌がられているらしい・・・て、言われてもなー。
 実際に20kgオーバーしてる人ってあまり見かけない気がしますけど。
 私なんか帰国便の時に15kgくらいでしたが。<オマエが買い物しないだけだって?

・検疫の問題さえなければ生ハムとかソーセージとか花の種とか・・・悔しい
 (でも実際に成田では検疫も税関もスルーだったからなぁ。ちっ)

| 美術・博物館・名所旧跡 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/1893-233e6c5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。