Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1日目其の2 フェアバンクス2

さて、18時半から小会議室のような部屋でオーロラに関して一通りのレクチャーを
受けた後、レンタルの防寒着(南極仕様、上着・サロペット・靴の3点セット)の
サイズを合わせて受け取った後、一旦部屋にそれを置いてから夕食。
アラスカらしくサーモンのソテーであります。
切り身も厚く、見た目も美味しそう。が、ソースが激しく甘い・・・ orz
そしてデザートは、歯茎が痺れそうに甘い特大クレームブリュレ
うむ、さすがアメリカの味覚センスは一味違う。<爆

部屋に戻った後、早速に防寒着を着てみますが、あ、暑い。蒸され死にそうに暑い。
しかし、この後、日を追うにつれこの防寒着にも慣れてしまうのだから恐ろしい。

22時にバスで今夜の観測場所「スキーランド(Ski Land)」に移動。
ゲレンデの小屋が待機所になっております。小屋の中では温かい飲み物などの
サービスも。
待つこと2時間ほど。ツアーの皆さんと喋りながら待ってると時間が早いです<笑
北の空に帯状のオーロラが出ましたー!
01・04 オーロラ01
01・04 オーロラ02
01・04 オーロラ03 いきなり幸先の良いスタートに一同大興奮で
 あります(笑)
 オーロラが薄く見える場合、一見して雲かどうか
 判別するのに一番簡単な方法は後ろに星が透けて
 見えるかどうかなのだそうな。
 雲だと星は見えないのです。

この後、場所を移し、途中ノースポール(North Pole)のサンタクロースハウスで
一旦休憩し、チェナレイク(Chena Lakes)まで。
サンタクロースハウスの庭に飾られている氷のトナカイソリが綺麗。
オリの中にはトナカイが歩いております。
ガイドさんによれば、「サンタのトナカイはメス」。
冬になるとオスのトナカイはツノが落ちてしまうのだけど、メスはそのままなのだ
そうで、なんか、某西濃運輸のカンガルーみたいだ。
サンタハウス01 サンタハウス02
サンタハウス03 サンタハウス04

バスの中が暖房で暑いので外に出ると皆さん深呼吸をしたがるのですが、
ガイドさん曰く、「空気が薄くて乾燥してるし、冷たいから肺を痛めるよ」
・・・先に言ってください。

チェナレイクでは湖の上に氷が2mくらいの厚さで張っているので、湖上から観測。
が、生憎とオーロラは出てくれませんで。とは言っても、360度満天の星空というのは
普段都会暮らしですと、登山趣味など無い限り中々縁遠いものでございまして、
おりしも四分儀座流星群の極大日ということもあって 東京じゃとても見るのはムリ
いやー、写真撮るのも忘れて(バカ!)大の字に寝転がって堪能しました。

ホテルへの帰着は28:30。もうひたすら寝る準備。明日の集合は昼食の12:00。
そして、ホテルの売店で買ったクマパペットでひとしきり遊ぶ私でありました。
どーもスイマセン

| 美術・博物館・名所旧跡 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2133-0af9e7b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。