Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4日目其の2 チェナ3

続いてアイスミュージアム&湯けむり編

氷グラス製作中 敷地の中にありますアイスミュージアム。
 文字通り氷の美術館。
 どこまで運が良いのか謎ですが、今日は
 週に2、3日しかこない職人さんが仕事中。
 後に登場するアイスグラスを生産中です。

チェス板 ミュージアムの中には所狭しと
 並ぶ氷の彫刻の数々。
 どれもみな湖でじっくりと時間をかけて
 凍った透明度の高い氷を切り出して作った
 作品になります。

いろいろありますが一番の大物はやはりこの馬上鎗トーナメント像か。
馬上トーナメント像

中には聖堂も造られてあり、氷の祭壇、マリア像、シャンデリアの
中で結婚式もできますよ。色気の無い式になりそうな気もしますが
聖堂もあり シャンデリア

一応、ベッドもあるよ<爆
ただ、腰痛持ちには勧められません。飾りに並んだボールアイスの中に
花やモチーフを彫りこんだものが幻想的で麗しい。
腰に悪そう ボールにインタリオのバラ

カウンターバーです。$15払うとさきほど作られていたグラスでウォッカベース
のアップルマティーニを頂くことが出来ます。
下戸体質では流石に手が出せないので、他のお客さんの頼んだマティーニを
撮らせて貰いました。
ウォッカよりアルコール度数の低い酒、ましてやソフトドリンクなどは当たり前
ですが凍ってしまうので、お客さんには供せないそうです。
カウンターバーあり アップルマティーニ

グラスはお持ち帰り可<爆
なので、この後、コテージの窓の下にいくつもグラスが置いてあるのを目に(笑)

それではいよいよ温泉でございます!
着替えと水着を持って温泉棟へ。ビジターのお客さんはそのつど入場料など
払います。我々のような宿泊客はカウンターでルームキーを提示すると無料
でバスタオルの貸し出しがあり。
更衣室のコインロッカーは¢25。たまに壊れている所もあるので気をつけて。
水着を着たら、タオルを引っかぶって、室内プールの中を通ってドアをあけ
風呂まで素足で行くのだ!
でも案外平気。日本の温泉でも露天風呂まで歩いて行ったりしますが、その位
の程度です。
露天風呂01 露天風呂02
手摺にはツララ 作りは巨大な岩風呂。
 温度は43℃から温めの場所まで様々。
 好みに応じて入って下さい。
 ただ奥に行くにつれ深くなるので、せいぜい足が
 届くあたりまでが限界。

泉質は弱硫黄アルカリ泉。アメリカでは珍しい泉質のようですが、日本人には
違和感がまるで無いぞー。
長い時間浸かって身体は温まっても頭は冷えてるのが上せなくて丁度良いかも。
すぐ下は温泉のお湯なのに10cmと離れていない手摺にはツララが下がってる
のが不思議。

今晩の夕食はボイルのタラバ蟹。
アメリカ料理って手をかけない程美味しいわー。というオチ。
親指と人差し指で輪を作っても足りない程の太さの脚が1人あたり約3本
くらいありまして。
日本のカニ料理屋のように親切ではないので、自分で割ってカニフォーク
なり割り箸など駆使してほじくりまくる。

レストラン棟の中にある売店で犬ゾリ絵本とクマのグラフ。ミックスベリー
のジャムを購入しました。
カニ! 絵本にジャム

さて、今夜がオーロラ観測最後の夜ですが、果たして・・・?
雪はまだ止みません。

| 美術・博物館・名所旧跡 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2142-37485bea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。