Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4日目其の3 チェナ4

チェナ・ホットスプリングスではアクティビティ受付のロッジが24時間営業で
オープンになっており、ここを観測待機所として使います。
建物の裏がセスナの滑走路で、うまい具合に外界の灯りが遮断されていてここで
観測ができるようになっていて大変便利。

でー、夜23:30・・・まだ雪が降ってる。
結構ツアーの皆さん、70%あきらめ加減。
添乗員さんたちはロッジでレポートを作成しながら不寝番をしてくれていて、
「オーロラが出たら部屋まで叩き起こしにいきますよ」
と言ってくれるのですがね。大変だなァ

それでも部屋にいるとベッドがあるせいでつい転がりたくなる。
転がると眠くなる。
とりあえず、明日の朝には帰国なのでその荷造りもしますが、それでも時間は余る。
で、部屋にいても仕方がないので、半分仕度して(防寒サロペット・自前のコート・靴)
カメラ持って24:00頃ロッジに。そろそろ雪は止みそう。
考える事は皆同じなようで三々五々ロッジに人が集まってきます。

24:25、ロッジの売店でハーゲンダッツのチョコバーを買い、席に戻ってまさに袋を
破ろうとした瞬間。外に出ていた人が
「出たー!!!」
色めく室内。
滑走路側の狭い出入り口にドドッと人が押し寄せ、それを見た母曰く
「ゴキブリみたい」悪うございましたねゴキブリで
しかし、
「アレ?ごめん、雲かも知れない・・・」
一瞬の落胆。しかし、また次の瞬間
「やっぱり出てるー!!」
ツアー客総ゴキブリ化<爆
三脚持ってダッシュする人あり、他のコテージに連れを起こしに行く人あり。
私なぞ半装備だもんですから、ホントは結構寒いハズなのですが、人間のテンションと
いうのはげにも恐ろしいもので、後から母が上着を取ってきてくれるまで30分くらい
そのままの格好でおりまして。
(よくよく考えたら、私、靴はそのまま自前の靴はいて2時間いましたよ。
よく持ったものだ)

いやーもーその後は写真の通り頭上が真っ白になるほど、ドッカンドッカン出まくりで
大変なことに。
筋1本が動く毎に歓声があがり、陽気なアメリカ人は騒ぎ出し、お祭り騒ぎ。
最初は雪空で諦めてましたもので、ヨロコビ3倍増。
ただ、途中、1台、2台、車がライトつけて(当たり前なんですが)侵入してきて
カメラ持ってる人は閉口させられたな。ライト点けられるのは致命的損傷ですし。

それでもまぁこんな感じで。も少し露光の秒数少なく見積もっても良かったかなー
言っても後のまつりですが。

01・07 オーロラ01
01・07 オーロラ02
01・07 オーロラ03

この夜、レベル5を打ち出した(オーロラレベル:5が最高値)天体ショーは
2時間ほどで終了。皆満足の表情でコテージに戻ったのであります。

あ、ハーゲンダッツは結局三脚の足元に転がしておいてですね(溶ける心配はないので)
フィルム取り終わって、落ち着いてから食べましたのでご心配なく。

4日目、7日の気温は-13℃~-2℃でした。

| 美術・博物館・名所旧跡 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2143-316d50f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。