Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Cの花咲く

Bに遅れを取る事約1週間にして、Cの花が開花。
外側の萼片の表側(ややこしいのう)は薄いピンク。裏側は白。
内側の萼片は表裏とも白。
そこに狭い幅でひっそりと紫のスポット。グリーンの蜜腺。
フンワリと素朴なのにスッキリした花容。イイね。好きだね。こういうの。

オリエンタリスC01 オリエンタリスC02

午後から関口の「音ノ葉」までてくてくと散歩がてら。
元「橋蔵邸」も主が変わって久しいものの建物の外観は変わらぬな。
このあたり、大きな地主のお邸街ですが、かなり土地が切売りされているのが
目についてフクザツ。

「音ノ葉」は今は講談社傘下の人気ある明るい雰囲気のガーデナーショップに
なっていますが、昔は「大日本園芸」と言って、殿様商売の殺伐とした店でな・・・。
現在の姿からは想像もつかない向きも多いのでは。
中ではクリスマスローズの展示会中。
過日のニゲルのような楚々としたダブル咲きならまだしも、近年流行しまくりの
フリフリのダブルやらには惹かれないなー。原種系の方が凛として綺麗。

展示場

帰りには関口フランスパンでパンを買って。て、昔は工場がここにあって、
直売場があっただけなのに、今ではすっかり小洒落たカフェ併設。
関口フランスパン01 関口フランスパン02

ちょっと見ないうちに世間の風景は変るものよね。とナッツタルトを頂き
ながら感慨深くおもう今日此の頃。
ナッツタルト

| 園芸日記 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2170-d1cb5d6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。