Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅の小鼓

雛道具の改造用小物の中で小鼓が一組分余っていたので、塗り直して
根付にでもしようと手入れ中です。
今回の鼓は鼓胴の長さが約3センチほど。

金の下絵 まず黒塗りの上に金で下絵のベースを。
 線の修正の後、花に朱を差し、
 藍と緑で苔を足し、その上からまた薄く
 金をかけて調和をとります。
 でも、緒をかけるとほとんど見えなく
 なってしまうのよねぇ。<爆

梅の鼓胴01 梅の鼓胴02

梅の小鼓 乾かしたら、こちらも裏の金張りを修正した
 革(紙製)と朱の調緒で組みます。
 小締めまでは・・・ムリ
 最後に紫の締緒をかけ。幸流か<笑
 なかなか可愛い大きさの鼓になりました。
 鶯を描くスペースさえあったら「初音鼓」と
 洒落こむ事が出来たのですが、
 流石にそこまでは(笑)

| 日記 | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2172-2ef0c1db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。