Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国色天香

『牡丹芳』
花開花落二十日
一城之人皆若狂

花開き花落つ二十日、一城の人皆狂ふが若し 白居易

と、いう季節がめぐってまいりまして。
まず一番に咲きだしたのは中国牡丹でした。頂き物なんですけど、確かくれた本人は
『二喬(er-qiao)』と申していました。
二喬といえば本来は濃淡咲き分けてくれる筈なんですが、
故に “二喬”。呉の大喬小喬姉妹の事ね。
うちのは運が悪いのか咲き分けてくれた事がありません。
とはいえ、単体で見れば獅子咲きで弁奥に濃い色の入る美しい逸品。
続いて、ここ2年ばかり養生を重ねていた『島錦』。見事に復調です。
ただ、若干今年は赤味の多いきらいがあるかな。
二喬? 島錦 

玉楼春
 この後に控えているのはこれも中国牡丹
 で銘は『玉楼春』。
 他にも色づいてふくらんだ蕾がいくつも。
 ようやく牡丹の「季節到来」という景色に
 なってきました。

射干 射干も花数多く、これからが楽しみ。
 ダッチアイリスも花茎が見え、
 姫ウツギも玉のような蕾がこぼれんばかり。
 我が家の花の季節、本番です。

| 園芸日記 | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2218-2a47454b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。