Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あさみどりすみわたりたる大空の

2年ぶりに参りました。明治神宮春の大祭。
昨年は突風の巻き起こる天候で、足を運ぶことがありませんでしたが
(噂では大太鼓がなぎ倒されそうになったとか gkbr)
今日はそのようなこともなく、さわやかな風が吹き渡る舞台日和。
左方振鉾 右方振鉾

しかし、間の抜けたことに、カメラにメモリーカードを入れてくるのを忘れ orz
仕方がないので内蔵メモリー頼みの侘しい枚数に。<きみはじつにばかだな
承和楽 仁和楽

十二単の世界 ところで社殿に向かう途次から気に
 なっていた宝物展示室の展示。
 帰りに寄ってみました。
 入っていきなり「白桜の襲」。
 無地無色無紋無垢な襲。
 その中、裳の引腰の裾部分にだけ
 やはり白い糸でひとつづつ蝶の縫が
 施してあり、ある意味究極。
基本的には春から秋口あたりまでの襲多し。
「桃の襲」や「柳の襲」など唐衣と裳の小腰が共布で仕立ててあるものもいくつか。
一通りの女房装束に混じって、「紅梅匂」の細長も一襲展示がありました。
いずれにしてもみな、生地のほつれもなく割と新しい感じの装束でしたので、明治か
大正あたりの宮妃の御料だったのかも。
ボンボニエールも何点かあり、太平楽の兜のカタチをしたものがなかなか繊細な
拵えで良かったですね。

原宿駅のツツジ 原宿駅の臨時ホームもツツジに
 彩られております。

| 日記 | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2228-50e973ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。