Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月々に月見る月は多けれど月見る月は此月の月

・・・などという歌もございまして。(読み人不知)
昨日は旧暦の9月の十五夜。仲秋でした。「芋名月」とも。
お団子や栗などとともに、はしりの里芋をお供えすることからついた名前
だそうな。
仲秋に十五夜の満月があたるというのは最近では久しぶりの事だそうですね。
せっかくの機会でしたのに、昨日は書く時間がなくて惜しいばかり。

今日は十六夜。
できればまだ宵月の時間帯に萩などもからめて撮りたかったけれども、
仕事の後すぐお稽古でしたのでそれは断念。
帰宅した後で撮影しましたものの、まだ東の空とはいえ随分と上に昇っていて、
折角の写真ながら風流感も何もあったものではないただの「天体写真」にせざる
を得なくなってしまいました。

でもまぁ、良くウサギさんも写っていて、綺麗な月ですね。
来月の十三夜(今年は10月9日)も楽しみ。

十六夜の月
Nikon D100 Mモード
Ai AF Zoom Nikkor ED 80~200mm F2.8Dnew & kenko×2MC7
35mm換算:600mm f2.8 開放 SSは・・・確か 1/1000 位だったかな?

| 日記 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2331-c6518f69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。