Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再登場

鴨頭草色 明治神宮へ行きがけに寄ったコンビニ
 でお茶を選ぼうとしたら、伊右衛門の
 キャップに目が。
 
 4年ぶりの “とんぼ玉” 御目見得。

 今回は十二月ではなく襲の色の中から
 6種類。

まず目を引いたのは瑞々しく蒼い透明感の鴨頭草色。
「カモのアタマ」だからって「緑色」ではありません。

鴨頭草 (つきくさ) とは露草の古名です。
露草は「青花」とも呼ばれ、今では友禅の下絵などに使用されていますが、
古い時代には花をそのまま布に摺って青く着色したこともあったとか。
今回は他に、「菫」、「薄花桜」、「山吹匂」、「蓬」、「氷」と色のバリエーションが
ありますので、またいくつか集めそうな予感。

| 日記 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2505-090c56c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。