Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ボストン美術館 日本美術の至宝』

今日は職場に取材が入るということで、我々通常業務組は諸所事情から仕事に
ならないので最初からお休みです。

と、いうのをいいことに今日も東博。
今日は開催中の特別展『ボストン美術館 日本美術の至宝』。
今回の展示は前後期などの入替がないのがいいですよねー。いつどのタイミングで
来ても内容が変わらないというのは有難いです。
不忍池には繁り始めた葦の叢の中に五位の殿がやって来ております。

五位殿 ボストン美術館 日本美術の至宝

仏画は先日の静嘉堂文庫の時とそれほど傾向がかわらないように思います。
『普賢延命菩薩像』は普賢が騎乗する六牙三面の白象の目つきが悪くて<笑
『大威徳明王像』は単独画で主に調伏など修法に使われたものとされていますが
けっこうこの修法って内容がえぐいので説明書ではふれていないな。
頼朝がよくこの修法を行っていたことは有名でありますね。

通常保管されている場所が場所だけに本来軸装のものが表装裂はそのままに額装
されているものが多く、若干ガラス反射が邪魔な面もありますが、
(軸物の保管方法って結局何が最適なんだろうなとは考えるけど)
それにしてもこれだけ時代の古いものが逆にシワ一つなく(元々のシワは仕方無しね)
色彩鮮やかに残されている事に頭が下がる思い。
日本に残っていたままだったらいずれ虫食いだらけのボロカス状態になって、
挙句の果てに所在不明とかゴミ同然に処分されていたかもよ。と。
ボストンさんありがとう。

さて、『吉備大臣入唐絵巻』と『平治物語絵巻 三条殿夜討巻』はフル展示。
ちょうど午前のお客さんが少しづつ引いて、午後のお客さんが入り始めたという
時間の隙間的なズレがあって、まぁ「混んでいる」のは否定しませんが、さりとて
ギュウギュウでもなく、特にせかされる事もなく、ペースは比較的良かったかと。

『吉備大臣入唐絵巻』
幽鬼と化したナカマロとサイキッカーミニスターマキビのコンビ炸裂<爆
空は飛ぶし、隠行法で文選カンニング。果てはイカサマ囲碁。大活躍。
これだけで何か本が作れそうだが、やってくれたら買っても良い(笑)。
下剤まで服まされても超能力を発揮する所はもはやギャグ以外のナニモノでも
ない気がしますな。

『平治物語絵巻 三条殿夜討巻』
ようやく見ることが出来ました。
話の繋がりからいったら、まずこの『三条殿夜討巻』を見て、それから『信西巻』、
『六波羅行幸』と見るべきなのですが、人出を考えたらね・・・最後回しで。
後白河院の三条殿に手勢を寄せ、院を奪取し御所に火をかけるという、自らの保身
とは言ってもある意味すさまじくトンデモな右衛門督信頼の企て。
(それに与した義朝も相当なんだが・・・)

御所に火がついた事にあわてて牛車を走らせる公卿たち。
その勢いにパニックを起こして暴走する引牛や、それを止めんと鞭を振るう牛飼童。
他の車の車輪に轢かれる下人。
燃える御所から逃げ惑う女房たち。井戸に折り重なる骸の山。
火にやけじといづれば矢にあたり、矢にあたらじとかへれば火にやけ、箭におそれ、
火をはゞかるたぐひは、井にこそおほくとびいりけれ。
それもしばらくの事にて、下なるは水におぼれ、中なるはともにをされて死し、うへは
火にこそやけけれ。つくりかさねたる殿舎の、はげしき風にふきたてられて、灰燼地に
ほどばしりければ、いかなる物かたすかるべき。
          平治物語 巻之一 「三条殿へ発向付けたり信西の宿所焼き払ふ事」

これで三巻全て見る事がかないました。満足でござる。
あ、でも『六波羅行幸』はもう1度行ってこようかな。
静嘉堂の方も巻替え(獄門首の方)があるのでちょっと考えます。

禅僧の描く山水図もしっとりと潤いある作品が充実していて良い♪
『牧牛・野馬図屏風』
これを描いた絵師の長谷川左近はかの等伯の息子であるが、昨日本館に展示して
あった父の筆になる『牧馬図屏風』と比べるにつけ、この親子は「馬」を描くには
つくづく向いていないのではないかとさえ思う。
狩野派、土佐派、琳派系の作品がそれぞれ存在感を主張しつつ並ぶ中で、個人的に
好みだったのは伝宗達の『芥子図屏風』。
筆致に無駄な気負いがなく、楚々とした中にも端麗な芥子の花。
右隻は上部分を完全に空けて空間を演出し、左隻は地際から花頂部までを立ち上げて
のメリハリ感が見事。

第2室のスペースを1つ分全て蕭白にあてているのは少々疲れる(デロリ絵・・・)。
次のスペースには能装束、小袖、振袖、刀剣など持ってきてアップダウン。
能装束は・・・うーんなんというのか「微妙」。
あえて持ってくるには及ばなかったんじゃないかしらん。こればかりは
国内にある物の方が勝っているかと思われ。
小袖も帷子も、なべて着物類に関しては東博自身の持ち物の方が充実していると
感じますが。
刀剣も地味に13室や5・6室に通ってると今回は案外に思うかも。
それでも刀剣に関しては作風の好き嫌いが人によって思い切り違う部分が多いので
なんとも言えませんけど。

鶴屋吉信 本わらび 図録は今回、値段の割りにとてもよく頑張って
 います。
 割付をした編集者とデザイナーのセンスが
 大層冴えている。
 読む所も多くて、一読の価値有り。
 とりあえず、疲れたので平成館1階ラウンジ
 で鶴屋吉信のお菓子を頂きます。
 モグモグ ウマー

| 美術・博物館・名所旧跡 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2514-a9646191

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。