Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薔薇は夏に入つて開く

甕頭竹葉経春熟
階底薔薇入夏開

もたひのほとりの竹葉は春を経て熟す
階のもとの薔薇は夏に入つて開く
       白居易 『和漢朗詠集』 147


カザンリク

今年は気温が長いこと上がらなかったり、或いは急に上昇したり。
いずれの植物によらず育てている方はやきもきする日も多かったのでは。
ともあれ、我が家では牡丹が終わればバラの一斉開花を迎えました。
昨晩の雨でしっとりとした中、鉢周りの香気が一層薫り立ちます。

一言で「バラ」と言っても香りの質は様々。
原種、オールド系、HTなどにこだわらず、バラは香りのあるものが好きです。
品種改良されて、いくら姿形が美しく立派でも香りの殆どないバラなどとは・・・
見た目は取り繕っていても中身は軽薄な人と同じ気がして。

ブルボン・クイーンの枝が昨年から大分伸びたので冬になったら少し仕立て直して
みようかと。

カザンリク ロサ・センティフォリア
ロサ・フェティダ ロサ・ガリカ
ロサ・カニナ ロサ・ムルティフローラ
ブルボン・クイーン グルス・アン・テプリッツ
ホワイト・クリスマス ラ・レーヌ・ヴィクトリア

| 園芸日記 | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2515-7dc7ac7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。