Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第83回都市対抗野球 決勝

最近の決勝はドームに来てから開門間際までの間をカプリチョーザで涼んで
いる事が定番化してきた気がしますが。

開門は10分早まって、16:20。
今年はやけにシミズの手際が良くなってきたような。気のせいにしておこうか。

東京都(JR東日本) 3-6X 横浜市(JX-ENEOS) 18:00~
始球式は女子野球日本代表バッテリーで。

JR東日本
 102 000 000 3
 100 004 01X 6
JX-ENEOS
JR東日本:吉田、片山、金-石川
JX-ENEOS:三上、鶴田(三菱重工横浜)、大城、北原-山岡

決勝という大舞台にして、先発は双方新人同士ながらも共に今回のチームの
柱とも言うべき両投手。

その新人を援護する打線も初回から点の取り合い。
1回表に東鉄が先頭都築が中前に2塁打。4番松本の右前へのヒットがバックホーム
されるもスライディングの勢いで球は山岡の手を離れ東鉄先制。
しかしENEOSもその裏早くも反撃。
こちらも先頭の井領が中前ヒット。4番池邉の当たりがファースト石岡の前でバウンド
し、右方向へ逸れ、この間に同点。
と、なにやら波乱含みの立ち上がり。
序盤では東鉄の吉田の方が調子良かったんですよねぇ。ヒットは許しても点は許さん!
みたいな勢いというか。

3回表に東鉄追加点。
8番石川のポーンと上がった打球がレフト山田、センター井領、ショート渡邉の3者が
譲り合ったド真ん中に落ちてヒット。・・・決勝でそれやるかヲイ
9番山口が送り、1番都築は右中間ヒット、2番田中に死球を与えて満塁。
そこで3番石岡が1塁横を抜くライト線へ2点タイムリー!
ちょっと流れが東鉄側に来すぎて「奇跡が起こるんじゃねーノ?」と私が思ったと
しても誰も責められはすまい。
ENEOSは三上が意外にも悪くて、4回から三菱重工横浜から補強した鶴田にリレー。
(決勝まで来て、やっと出番が<笑)

だがしかし、横浜市決勝不敗神話。
回も進んで6回裏。
吉田は3番渡部センターフライ。4番池邉をレフトフライに討ち取るも、5番山田の初球で
サード竹内の頭上を超えてヒット。6番泉が3塁線へヒット。
ここまで頑張った吉田。後を片山に託します。
ところが、6番宮澤のサード正面の当たりを竹内のグラブをすり抜け・・・嗚呼無常のE。
さらに7番山岡レフトへ3ランHR!
流れはガクンと一気にENEOS側へ。
8回裏にも再び山岡の中前タイムリーでダメ押しの一打。

投げては8回から鶴田を引き継いだ大城が1イニングを3人できっちり抑え、
9回の北原も4番の松本に中前ヒットを許しながらも、
(それはそれで盛り上がったのですよ)
続く5番遠藤を3振。6番竹内をショートゴロ。7番重谷の代打佐藤を右に討って取り
試合終了ー!

横浜市JX-ENEOS。日本石油から通算して、
前人未到のV10を達成
おめでとうございます!
東鉄も最後までよく粘りました。
都民としては奇跡の瞬間も願っていたけど、黒獅子の旗は1本きり。
昨年は黒獅子旗を両脇支えられながら達則主将が持ったけれど、白獅子の旗とても
そうたやすく取れるものでない事は皆が承知しています。
だから、誇って帰ってきて良い。最後まで「ソノ気」を持たせてくれた事が素晴らしい。
両チーム、今年も決勝を盛り上げてくれてありがとうございました。

表彰式・閉会式
三賞
橋戸賞:大城基志(JX-ENEOS)
久慈賞:吉田一将(JR東日本)
小野賞:JR東日本(東京都)

個人賞
首位打者賞:石川修平(JR東日本) AV.4.3.8
打撃賞:大澤裕介(JFE東日本)
若獅子賞:吉田一将、田中広輔(JR東日本)、吉原正平(日本生命)

応援団コンクール
最優秀賞:JR東日本(東京都)
優秀賞:NTT東日本(東京都)
敢闘賞:JFE東日本(千葉市)


雑感

・都市対抗野球クイズの抽選が形骸化してきて、もうわざわざ人を使ってお客さんの
 前でやらなくてもいいのではないかと。各企業賞のプラカードすら出ないとか。
 ドームホテル案内嬢のような制服を着た綺麗所ならまだしも、味気ないシミズの
 スタッフシャツ着たお姉ちゃんにクジ引かれても萎える。

・正直、試合前のエールから整列から、ENEOS側の態度が監督以下選手に至る
 まで悪すぎて、逆にJRの態度の良さが素晴らしく思えてしまう。

・試合前のENEOS荒木本部長。マイクを握って
 「ウチはエネルギー会社です!エネルギーが無ければ
 電車も新幹線も動きはしないんです!」

 このテの煽り、久々に聞いた気がする。

・山岡は自分の打球の軌跡くらいちゃんと見なさいよ。とか。
 2塁打と思い込んでいたでしょ<プ

・横浜市不敗神話のおかげでまた来年の西関東予選が波どころか風もたたぬ事に。

・東鉄の応援に時代をちょっと感じる。「カッセーカッセー青塚!」とかやってた頃
 を知っている身としてはなんだか嬉しいよ。 

・達則主将は来年また自らの手で旗を返しに来てくださいね。

・山岡が決勝で5打点・・・いやー、前回は廣瀬とかいう投手がおってのう・・・<爆

・ENEOSは大会通算勝利数が90勝目になりましたので、試合後再び荒木本部長。
 「来年は95勝だー!」
 なんか昔の某横須賀市の追浜工場長みたいだな。

・「新人の活躍が各チームやたら目立った大会」
 と言われているが、西郷、渡部、平野、三橋、黒田あたりの活躍も忘れるな。

・結局、インタビューで一番やらかしたのは選手でなく監督でした<笑

| 第83回都市対抗野球 | 23:54 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

本部長

「前回の優勝は4年前、北京五輪でした」
「そして今年はロンドン五輪」
「次を4年後まで待っていられませんっ!」

中略
「来年、通算95勝で『Vイレブン』」
「再来年、100勝で『V・・・じゅうに』」(苦笑)

| 龍ヶ崎太郎 | 2012/07/28 20:04 | URL | ≫ EDIT

試合前には
「仕事が忙しいなか、5回もドームに来てくださって有難うございます!」
もありましたよ。
5回全て来ているのが前提なのかwww

そのうち、登壇する毎に「本部長コール」がおきるかもしれないな。
<だからそれどこの追○工場長

| 耀 | 2012/07/29 13:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。