Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Play Back 83回大会

本編でも書きましたが、ENEOS通算90勝目にして、前人未到のV10達成。
重ね重ねおめでとうございます。
かといって、緒戦「圧倒的な強さ」を感じたわけでもないし、さりとて、
「得体のしれないツキ」というものを強く感じたわけでもなく、不思議感満点。
橋戸賞こそ大城が持っていったけど、彼にしてもなんとゆーか、「絶対的なエース」
でも無いしねぇ・・・
しかしまぁそこがやっぱり「底力」というものなのかもしれないな。
(書いてる事が支離滅裂)

うーん・・・都民としては「良い夢見させて貰ったよ」という気がまだしている
のですが、東鉄側はそう甘っちょろくは考えていないだろう。
もう秋に向かって立て直しをはかっている筈。もちろん他のチームも。
特に近畿地区には本当に頑張ってきて欲しいですね。
ちょっと前は日生さんあたりには
「一度、あそこには地獄の底を見て貰いたい」
なんて思っていた時期があったくらいですから、まったく今見ると情けなくて
しょうがない。パナソニックも。
あれでは心から「敵」とは言えないし、それでは困るのよ。
他地区の「ライバル」には常に強くあって欲しいわけですよ。ふー

そんな近畿地区の中にあって、やはり今年の吉原(日本生命)の活躍は大きかった
ですねぇ。2試合続けて完封でした。
他にも今年は新人大豊作で若獅子賞選考の候補が多数に渡り、審査担当が悲鳴を
あげたとか。
また70年代生まれのベテランの力も大きく作用しまして、その辺は新人の活躍同等に
嬉しいです。
黒田も三橋も、昔と違ってトレーニングシステムも向上してるんだし、この投高打低
路線の中ではまだまだ充分投げられるわー。と思ったり。
黒田など完全に技巧派転向してしまいましたから余計にね。
守る方に関しては近年良く見る「半端ハーフライナー」も相変わらず多かったけど、
今年は何故に今更と言わんばかりのヘボい「ドームヒット」が多かったのも事実。
最近は大会前の無音練習て当たり前にやってると思ってたけど、どうなんでしょう。
完全に球見失ってるとかね。お話にならないね。
守備の乱れで負けたチームも多かったので、そこらはしっかりして頂きたい。
過去には「5試合通じて無失策は当たり前以前」なチームもあったのですから。

今年は1回戦を2日目以降見落としてしまったので、個人的な不完全燃焼感が残って
いるのが否めない部分もあって、
一言で単純に「7月開催に戻った」というとそれまでなんですけど、11年も続いた
8月末開催に変に慣れてしまっていたせいか、色々と変化も。
シーズン短縮で企業に気をつかうのは判るのですが、やはり高校野球の予選とぶつか
った分、そちらに耳目が集まってしまってる面もありましたし、
(実際、ネット裏のスカウトの数も少なかった)
夏休みに被りきれないだけに「親子連れ」というか子供の数も少なかったし。
野球人口の底上げという点ではこのあたりはまだまだ試行錯誤なのですかねぇ。

しかし、今年も無事盛況に終わってなにより。
来年もグラウンドでは変わる事ない熱闘の数々を見せていただけるよう願っております。

| 第83回都市対抗野球 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2569-de8c6228

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。