Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はつゆき

雪降れば冬ごもりせる草も木も 春に知られぬ花ぞ咲きける
                       紀貫之 『古今和歌集』 323


雪に薔薇の実

ふりつむ雪は午後になってもやむ事はなく。
東京も久しぶりの一面銀世界となりました。

雪はあらゆるものを無垢な白で覆い隠す。
美しいものも、醜いものもすべて音もなく舞い散り消し去ってしまう。
東京もこうなると、なすすべない孤立状態。
明日は色々と大変な事になりそうです。

そして、こういう日にひとつ思い出す古いフレーズがあります。

…雪を食う蛾次郎♪

| 日記 | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2682-ed574d3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。