Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜の枝の…

勾欄のもとにあをき瓶のおほきなるをすゑて 櫻のいみじうおもしろき枝の
五尺ばかりなるを いと多くさしたれば 勾欄の外まで咲きこぼれたる
                          清少納言 『枕草子』 二十三段


先日、山形のお米農家の方から一足早い啓翁桜の枝を一束頂きました。
今の時期は花屋さんにもよく出回っているので目にする方も多いのでは。

届いた時にはまだ固かった蕾も一昨日あたりからぐっと開き始めて、
この暖かさで写真のとおりです。
枕草子に出てくるような青磁の「あをき瓶」があると良いのですが、
我が家の青磁花瓶ですと丈が不釣合いで、備前の焼き〆の渋い花瓶
(角度的に写ってはいませんが)にさしてあります。

啓翁桜

日一日と徐々に確実に春の陽射しの気配が高まる今日この頃。

| 日記 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2710-80dbb2fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。