Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2日目其の2 ハットゥシャ~カッパドキア

16時過ぎにヤズルカヤを出発し、バスは一路カッパドキアへ。
19時を過ぎてもまだ夕方近くなみに明るいのは太陽の位置の違いとはいえ
流石だと思う。
ギョレメの谷が見渡せる高台に差し掛かった所で、ちょっと休憩タイム。

ギョレメの谷01
ギョレメの谷02

休憩所にはちょっとしたお土産屋さんあり、喫茶あり、
またドンドルマ(あの「伸びるアイス」ね)売り場あり。
ドンドルマはこの後何回か食べましたけど、ここのピスタチオ味はなんというか、
味が素直で美味しかったですねー。
そして、ここまで来てこんなものあり。

伸びる伸びる こんな所で

ガイドのアリさんが
「ここには犬がいるよ」
というので、住居用の細い通路を入らせていただいて、犬とご対面♪
トルコ原産のカンガル犬。名前は「パシャ」
“パシャ”はトルコ語で政府・軍の高官に対しての称号・敬称ゆえ、
この子にはよくお似合い。
(カンガル犬は日本で言うところの特別天然記念物のような犬種なのです)

まだ2歳半なれども、やはり使役犬・作業犬として
発達してきた犬種だけに超大型<笑
あまりにデカすぎるので、都会で飼うのは困難なのだそうで、もっぱら
牧羊犬、あるいは番犬・軍用犬なのだそうな。
しかし、大型犬スキーにはこういう出会いは嬉しいのでございます!

パシャ
大きいね

バスが出発しても途中まで走って追いかけて来てくれました。

さて、一行のバスはウチヒサールの街に入り、本日から2連泊のホテル。
CCR(Cappadocia Cave Resort)に到着。
リゾートタイプの洞窟ホテルで、なかなか予約が取りづらいらしいよ。
エントランスロビーではウェルカムのソフトドリンクも供されて、良い感じです。

CCR 01 CCR 02
ウェルカムドリンク 夜のランプ

部屋は思っていたよりも広めでした。窓がないけど、洞窟を掘ってるのだから
こんなものよね。
そして、部屋の中にあったミュシャ調?のガラス戸を開けると、さらに
もてあます程に広かったのが洗面&バスルーム。

ベッドルーム ミュシャ調?

頂いたパンフレットに記載のスパメニューもなかなか充実しているんですけど…
明日は朝早くオプションの気球に乗るので(4:30集合<笑死)、
スパマッサージとかそんな元気は…ない

| 美術・博物館・名所旧跡 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2765-24d50d8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。