Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水無月祓

水無月のなごしの祓する人はちとせの命のぶといふなり
                    読み人不知 『拾遺和歌集』


六月の晦が日曜日にあたることは近年なかなか無かったですね。
夏越の祓が休日にあたったからには、やはり茅の輪をくぐりに行かねば。
と、五條天神まで。
形代も納めて半年の罪穢を祓っていただきます。

夏越祓

徐々に夏の日差しになる中、広がる蓮葉に葦のざわめき。
そして紫陽花も彩を添え、目にも耳にも涼しげ。

蓮葉 蓮葉波
紫陽花01 紫陽花02

ふと地に目をやれば、日向の乾いた土で砂浴びに余念のない雀が何羽も。
長閑な午後。

ぱたぱた ふぅ

西瓜の美味しい季節になりました。

西瓜

| 日記 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2790-5eb5b4d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。