Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フルーツケーキ

今日になって作成。
1本分の生地に粉・バター・砂糖・卵それぞれ250グラムずつの割合に対して、
プラス漬け込みフルーツとくるみが1キロ相当入ります。
ベーキングパウダーの類は使わない主義。
先に室温のバターに砂糖と卵をすりまぜる、シュガーバッター法です。

フルーツはレーズン、サルタナレーズン、カレンズ、プラム、チェリー、あんずが
メインで、他にもその都度色々。そこに四半世紀にわたり、まるで鰻屋のタレのよう
にコニャックやラム酒を継ぎ足し(×2)している秘伝のタレ的なフルーツ漬け。

焼きあがったケーキは割れ目もふっくら。しかしずっしり重い。
表面にラムシロップを刷毛で塗り、ピッチリとラップに包んで、これからは熟成期間。
食べ頃は1ヶ月後くらいになります。

フルーツケーキ

| 日記 | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/2905-08380c2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。