Paeonia Garden

牡丹の英匂ひ満ち 大巾利巾の獅子頭 打てや囃せや 牡丹芳

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おどろの花

水も走井の影見れば 我ながらあさましや 髪はおどろを戴き 眉墨も乱れ黒みて
                              『蝉丸』


一足飛びに初夏どころか夏の陽気。
野イバラをはじめとしてバラの花房が一斉に咲き出しました。

のいばら

昨日今日あたり、屋上で片付け物などしていると、ちょっと動いただけでまさに蝉丸の謡の通り、逆髪宮のごとくなありさまになってしまう。
ちなみに「おどろを戴き」の「おどろ」はこの野イバラのこと。
「おどろおどろしい」などの語源。
枝が伸びる様子があまりにも野放図で、想像におまかせします。

| 園芸日記 | 14:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spurlets.blog47.fc2.com/tb.php/3147-59d2ebee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。